Infortainment Secret Menu

Range Rover Evoque の中央画面には、情報提供に関する機構の設定状況がどうなっているのかについて一覧できるシークレット・メニュー、「E Mode」なるものが存在します。隠しコマンドっぽくて面白いのですが、実際にオーナーがこの情報を見ても、一文の得にならないどころか、メニューを開いて設定を変に壊してしまう可能性もあります。

NOTE: 車両の破損につながる恐れがあるため、この方法をみだりに試さないでください。試す際には自己責任でお願いします。

E Mode の開き方・閉じ方

シークレット・メニューを開くには、パネル左上の「バレット」「Valet」と書いてあるボタンを、14秒程度押し続けます。

E Mode Main Menu

すると、左上のタイトルが「E Mode Main Menu」となった画面に切り替わります。これで E Mode が開きました。画面右上には、ジャガーのマークと、接続されている携帯電話の電波とバッテリーの状況が表示されます。このジャガーマークを触ると、E Mode が終了します。

Secret Menu

E Mode Main Menu

Menu Configuration
Video 触らない
Software Version Info タッチスクリーン関係のデバイスドライバのバージョン情報です。
System Info ネットワークの状況や接続機器の状況が把握できます。
CAN Signals Info CAN の信号に関する情報です
Application Status Info プリインストールアプリの状態一覧
USB File Browser USB メモリを挿すと有効になるメニューだと思われます。
Touch Calibration 多分、タッチスクリーンの再設定
Infotainment Complete
CVBSVideoProperties 画面の明るさ、コントラストの調整
Change HMI Language HMI 車載機器の標準言語を変更します。
MOST Info マルチメディア接続用の電子ネットワーク規格 MOST の塩梅。Media Oriented Systems Transport の略。サブメニューには、Power cycle max values, Life cycle max values といった設定値の情報確認用のメニューが並ぶ。
Touchscreen Test 多分、タッチスクリーンのテストが始まります。キャリブレーションの結果を試すものだと思われます。