バッテリー切れ?と見せかけて…

購入して、まだ一年経過していないウチの Range Rover Evoque ですが、インストルメントパネルやナビ画面にはバッテリーが切れる寸前、と警告表示。原因を調べてみると、どうやらバッテリー切れではなく「バッテリーが切れそうだ」と検出する部分がおバカになっていたようです。

flatbattery

ご無沙汰です。私の方は特に変化もなく、楽しい日々を過ごしています。愛車である 14MY の Range Rover Evoque は特に問題も発生せずに元気に走り回っております…いや、一つ問題がありました。バッテリーです。

バッテリー切れって、英語で ‘flat battery’ っていうみたいです。豆知識ですね。

買って一年経ってないのに

閑話休題。

今年の 2 月ぐらいからでしょうか。Evoque のスイッチを入れると時々、「バッテリーが少なくなっています。充電するか交換してください」という趣旨の表示が出るようになりました。しかも警告表示はすぐに消えて読めなくなってしまいます。今思うと、すぐに消える警告表示もおかしな話ですが。

確かに旅行の時は iPhone を車で充電しているため、負担をかけているとは思いますが、それでも納車一年未満でこれはちょっと…と思っていました。

首を傾げながらも、とりあえず充電するため、時々いつもより余分に走行する日が増えました。「もうすぐ一年点検だからその時にバッテリー交換すればいいか」と先延ばしにしていましたが。

アイドルストップは機能しない

この症状が出始めてからしばらく経った後から気付き始めたんですが、バッテリーが切れそうになるとエンジンの自動ストップに関する機能が動かなくなるんですね。説明書には確かにそんなこと書いてありました。

結果、バッテリーは元気

先月、以上の状況をディーラーに伝えた上で一年点検に出しました。

すると、
「バッテリーは元気なのですが、それを判断するセンサが異常をきたしていました」

とのこと。無償で交換してくれるようで安心しましたが…そのディーラー曰く、このケースは今回が初めてとの事です。

自分の場合「滅多にありません」「レアケースです」と言われると不安になります。原因が本当にそこなのか、本当に治るのか、別の場所に影響が波及しちゃうんじゃないかと考えてしまうからです。こういう時は「結構そういう事起こってます」って言われた方が、原因も対策もわかってて大丈夫なんだろなーと考えたりします。

交換は後日ということで。

Thomas Adams

I'm 'Thomas' living in Japan. I'm a easy going guy and have a 14MY Evoque.

One thought on “バッテリー切れ?と見せかけて…

Leave a Reply