シートベルト警告音を止める方法

Evoque のシートベルト、未装着の際には連続して警告音が鳴り続ける仕様になっていますが、この警告音はとある操作によって消すことができます。今回はそんな警告音消去の裏技をご紹介。

無効化する手順

手順は下記の通りです。再び有効化する場合も、この手順をもういちど行います。

  1. まず最初に Evoque の電源を入れて、ニードルスイープ、その他一連の警告表示がなくなるまで待ちます。
  2. 運転席のシートベルトを 9 回、つけたりはずしたりします。
  3. 9 回目に外した時、シートベルト警告システムのチャイムが無効になると、短いビープ音がなります。

さすが安全に関わるレベルの裏技、手順がかなり複雑で通常では行わない操作になっています。それにしても標準のシートベルト警告システムを無効にしてしまう状況というのはどういった状況なのでしょうかね。私にはシチュエーションが頭には浮かばないのですが、別のスタイルのシートベルトを装着する時かな?と想像しています。

同じ話題のページ

今回ご紹介するシートベルト警告音の消去の裏技は、あなたの安全運転のサポート機構を解除してしまうものです。いたずらにこの機能を無効にすることはお勧めいたしません。また、実際に試す際も、自己責任でお願いします。

Thomas Adams

I'm 'Thomas' living in Japan. I'm a easy going guy and have a 14MY Evoque.

Leave a Reply