Evoque は、ロックされているかどうか、ミラーを見ても判りにくい。

Range Rover Evoque は、その重厚で洗練されているデザインが故に起こる不都合もあります。

タイトルのままなんですが、降りた後に車がロックされているかどうかをチェックする時、私の場合は「ドアミラーが畳まれているかどうか」で判断しています。ミラーが畳まれていればロックされていて、ミラーがそのままだとロックされていない。それだけのことです。しかし Evoque のドアミラーは遠くから見ても判別できません。

さて問題です。下の写真の Evoque はミラーが畳まれているでしょうか?それとも畳まれていないでしょうか?

さて問題です。このドアミラーは畳まれているでしょうか?それとも畳まれていないでしょうか。答えは...わかりません(笑
さて問題です。このドアミラーは畳まれているでしょうか?それとも畳まれていないでしょうか。答えは…わかりません(笑

答えは、畳まれています。つまり、車にはロックがかかった状態になっています。

なるほど、全くわかりませんね。

Evoque のドアミラーのロック時の折りたたみ角度は、他の車と比較してそこまで深くなく、せいぜい 45 度程度です。他の車の印象は 90 度までいかないものの、それでも直角に曲がっている印象を与えるレベルで折りたたまれるように思います。

また、Aero Dynamics の結晶であることをうかがわせるミラー全体の形状は、結果として丸くなっており、折りたたまれるというよりも「物体が回転している」印象を与えています。つまり可動前後での角度差が不明だということです。

今自分が行っている対策は、リモコンの開けるボタンと閉じるボタンを交互に押し直すという方法になります。閉じるボタンは連続で押すと「もう閉まってるよ!」という理由の警告クラクションが鳴ってしまうような気がするため、先にはあまり押しません。

結局リモコンキーを探すのが煩雑だから、ドアミラーの角度でことを済ませたいのですが。今の所良い方法が見つかっていません。

Thomas Adams

I'm 'Thomas' living in Japan. I'm a easy going guy and have a 14MY Evoque.

Leave a Reply