アイドリングストップ、またしても。

アイドリングストップ機能、復活。」で復活したというアイドリングストップ機能が又しても。ここ2週間ほど動いていません。やっぱり近場を移動する日本の田舎スタイルの稼働は、欧州車には厳しいのでしょうか?

前回のおさらい

ディーラーの方とお話しして、この故障の原因が、バッテリーの電力が枯渇した際に発生するエラーのセーフ機能として EcoBoost、アイドリングストップ機能をストップさせている点にあると聞いております。これが動き続けるということは、バッテリーが十分に充電された状態が維持されていなければなりません。このセーフ機能は、充電状態が健全な状態に戻ったところで止まらなくなっているようで、これもおかしくなっている原因の一つのようです。

これが起きないようにするには、一旦エンジンを始動したら、ずっと走り続けていれば良いということになりますね。エコブーストのために何故か止まれなくなるという謎の逆転現象ですね。

「EcoBoost機能が停止してしまうほどバッテリーを消費させてしまう行為」が何なのかを考えます。自分の行動様式から想定される、バッテリーを大きく消耗させてしまう行動ですが、下記のものです。

  • 短い距離しか走らない。
  • スマホを充電してしまう
  • 車を停車させた後の、車と鍵の物理的距離が近い
  • Bluetooth Audio など使いすぎ?

自分でなんとかなりそうなのは、短い距離の走行をやめること、及びスマホの充電をやめてみることの2点ですね。来週から試しに制限してみます。

Thomas Adams

I'm 'Thomas' living in Japan. I'm a easy going guy and have a 14MY Evoque.

Leave a Reply