11 月、JLR 昨年度比 2% 売上向上

英 製造業の Jaguar Land Rover は、2016 年 11 月の新車販売台数が 47,588 台、前年度同月比 2% 増加となったことを発表しています。

同プレスリリースによると、年間の売上は変化がないらしいです。

これには増加要因と減少要因があり、それぞれで相殺されたという見方をしています。まず増加要因ですが新型ジャガー XF と F-PACE の好調な売上と、これに加えて Land Rover Discovery Sport の堅調な販売推移が主な要因とのことです。その一方の減少要因は 2017 年に新モデルが登場を発表した Discovery の不振が影響しているとのことでした。

販売台数についてですが、中国では 42% 増加、北米では 20% 増加しているようです。その代わり、お膝元の英国、欧州で減少(それぞれ 13%, 6% 減少)しているとのことです。11 月までの年間販売台数総計は 527,937 台に登りました。前年同期間で比較すると、21% 増加しています。

中国では意匠を真似た車両が現地メーカーから販売されていることが問題になっている地域ですが、そんな問題が気にならないほどの販売台数の増加です。

Thomas Adams

I'm 'Thomas' living in Japan. I'm a easy going guy and have a 14MY Evoque.

Leave a Reply