About EVOQUE

こちらは、Range Rover Evoque についての wikipedia での解説を和訳しています。ただし、和訳に取り掛かっている 2016 年 6 月現在、広告のような文章が存在するとして編集者を募集しているようなので、公平な文章ではないかもしれません。

a wikipedia page of Range Rover Evoque

Range Rover Evoque は英国のメーカー、ジャガー・ランドローバーグループを構成する企業、ランドローバーが販売している高級クロスオーバーSUVである。2011 年 6 月より 2輪駆動、4輪駆動で3ドアクーペと5ドアが提供されている。Range Rover Evoque は郊外の購入者へアピールするように設計されており、二酸化炭素の排出量の少なさと、燃費効率の良さが特徴である。生産車両は 2008 年の NAIAS1で発表された Land Rover LRX Concept に似ている。Evoque は小さな車体に伝統的な Range Rover の機能、快適性、そしてオフロード性を保持していることから、自動車関連業界には好意的に受け止められている。Land Rover 社は初年度の生産で約 88,000 台を販売した。

開発

The Land Rover LRX Concept in 2008
The Land Rover LRX Concept in 2008

Range Rover Evoque は従来のシリーズよりもコンパクトで環境に配慮した車両を提供することをゴールにとして生まれた、LRX というコンセプト車両をもとに開発された。LRX の大きさは、Land Rover の電動地形対応技術(e_Terrain)に関連する一連の技術を完全なものにしている。LRX にはバイオ燃料の互換性や着脱可能なカーボン複合ルーフパネル、回生ブレーキ、アイドルストップシステムのような軽量構造材料技術と、
ERAD2 のような複合パワートレインシステムが概念に入っていた。

ERAD システムは、インテリジェントストップ機構の一部分で、統合スタート用発電機としてエンジンを始動させる前に、最大 20MPH(32 km/h)までの速度で巡航できるものであった。ERAD は、NEDC3 テストサイクルの下で平均 20% の CO2 排出量を削減するために設計され、NEDC とは関係がない運転状況においても車両のオフロード性能の最適化を図る一方、10% の燃費向上を期待されていた。
Land Rover 社は、2.2 リッターターボディーゼルエンジンの効率で、120 g/km の CO2排出量と、60 mpg-imp の燃費向上を達成することを目標としていた。

Label description
販売元 ランドローバー
生産 2011 年 6 月
最終組付け 英国ヘイルウッド、中華人民共和国 江蘇省蘇州市 常熟市、インド・プネー(タタ本社)
デザイナー ゲリー・マクガバン
クラス コンパクトラグジュアリークロスオーバー SUV
ボディスタイル 5 ドア、3 ドア、2 ドアコンバーチブル
レイアウト 前輪駆動、または4輪駆動
類似車種 Land Rover Freelander 2、Range Rover Discovery Sport、Land Rover Range Rover Sport
エンジン ガソリン 0L Ford EcoBoost 直列4気筒エンジン(ターボチャージャー)、 ディーゼル 2.2L Ford Duratorq 直列4気筒エンジン(ターボチャージャー)
トランスミッション ゲトラグ社製 FF6MT M66EH50、アイシンAW FF6AT F21、ZF 社製 FF9AT 9HP

  1. North American International Auto Show. デトロイトで毎年1月に開催しているモーターショー。 
  2. Electronic Rear Axle Drive の略。その名前の通り、電動で後輪にトルクを発生させるもの。 
  3. New European Driving Cycle。カタログ燃費を出すためのテスト基準。